Top

その日の出来事や普段思ってることなどを書ければいいと思ってます。暇な人はよかったら見てください^^;
by yosimune0529
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:ニュース・スポーツ( 26 )

橋本に捧げた優勝(川口オートレース)
一般開催だったけど、今日の川口オート決勝は一番人気の山田真を最終回地元川口の深谷が鋭いイン差しで優勝!

普通だったらあんな反則スレスレの突っ込みはしないけど、先日同期の橋本和美選手の殉職が彼に力を与えたんだと思う。

川口走路は9月に新走路になってからスピードが出やすいコース形態になったこともあり、またそれに慣れない選手も多数いてレース中の落車をよく見ます。

ここ最近は少なくなったのは選手が慣れたからでしょうか。

さて、橋本選手の殉職から各オートレース場で26期の奮起が目立ちます。

先月は山陽オートで行われた若獅子杯で同期の田中茂が優勝。

インタビューで『カズ!やったぞー!!』と天に向かって言った時には涙をもらいました。

ただ残念だったのはインタビューをした女性が田中茂の発言を何かのパフォーマンスと受け取ってしまっていたことですね。

生前の橋本選手はG1レースでも3着に入るなどあともう一歩のところまで来ていてそろそろ優勝が出来るのでは?…と思っていました。

印象だったのは雨が上手かったこと。

濡れ走路で彼を逃がしてしまったら(橋本選手が)インを使う選手なのでアウトを使う選手にとっては手強い選手だったと思います。

亡くなった開催の決勝の時に遺影を拝みに行ってきましたが、沢山のお花と飲み物が沢山置いてあるように橋本選手が沢山の人に愛されていたことがよくわかりました。

今後このような事故がないことを祈ります。

川口オートの選手と26期の選手はこれから彼の分も頑張ってオートレースを盛り上げて欲しいです。
[PR]
by yosimune0529 | 2006-10-30 22:05 | ニュース・スポーツ
ディープインパクト、世界への挑戦
f0013938_1151156.jpg

日本競馬ファンの期待を背負って挑んだディープインパクトの凱旋門賞の挑戦。



結果は3着。



終わってたらればはよくないことだが、ローテーションに無理はなかったのだろうか?



ディープ以外の7頭は中2~4週で挑んでるのに対してディープは休養明け。



早くからフランス入りしてたこともあり、個人的にエルコンドルパサーと同じローテーションで行って欲しかった。



さらにレースでは予想外の先行でマークされる展開。



こればかりは運が悪かったとしか言いようがないかなぁ。。。



最後の直線で先頭たった時はさすがに心臓ドキドキしてしまったけどね。



しかし先着された2頭が3歳馬ということを考えると斤量差は大きかったと思う。



でもこのレースを見て思ったのは3.5㌔のハンデであの競馬が出来るのならば、日本の馬でも古馬はともかく、G1級の3歳馬ならチャンスはあるんじゃないかと思う。



今後ダービーを勝った馬で、菊を捨てて凱旋門賞に挑戦してくれる馬が出てきたら面白いと思うなぁ。

でも目の前に勝てる可能性がある菊を捨てて、海外へ行かせる無謀な馬主はいないだろうね。

現実問題夢より賞金が優先だからね。



今日の結果は残念だったけど、キングジョージのハーツクライ、今回のディープの走りを見て、日本競馬は確実に世界のトップクラスに近づきつつあると感じました。



ディープインパクト、お疲れ様!
[PR]
by yosimune0529 | 2006-10-02 01:37 | ニュース・スポーツ
シュレッダーで2歳児が指切断の事故
今年の3月、2歳の女の子が手を誤ってシュレッダーに入れて両手の指9本の指を切断する大怪我をした。

この件でシュレッダーを製造・販売したメーカーの社長が謝罪した。

『2歳の子供がいる環境(での使用)を想定していなかった』とコメントしている。


ちなみに事故にあった製品は通常紙投入口の幅を同社の従来の製品の約4ミリから業界最大クラスの約8ミリとしていた。安全対策は、取扱説明書と紙投入口横の注意事項を記した警告シールで十分と認識していたらしい。

この会見のコメントを聞いて思ったのはシュレッダーに限らず全ての電気・機械を製造するのに、2歳の子供がいる環境を考えなければいけないものだろうか?と思った。

メーカーはあくまでも利便性を重視して製造・販売するものであって子供のことまでは考える必要(モノによっては必要だけど…)はないと思う。

今回の事件はメーカーがというより、子供の手に届く場所にシュレッダーを置いた両親に問題があると思う。

小・中学生くらいならシュレッダーがどういうモノか、どういう危険性があるか理解させるのに時間はかからないと思うけど、2歳の子供には正直難しい気がする。

↑で書いた警告シールを2歳の子供が見ると思うのだろうか?

…となれば、やはり手が届かない場所へ設置、またはそういった体に危険が及ぶモノがある部屋に子供を入れないようにするなど対策は出来たはず。

両親はメーカーを責める前に自分達に親としての責任がなかったのか考えて欲しいな。

例えば今後考えられる電化製品の事故を考えてみた。

・扇風機に手を入れて怪我。
・石油、電気ストーブを倒して火事、火傷。
・電気ポットを倒して火傷。

2歳児でも可能なことを考えてみたが、今のところニュースになるような事故はない。(実際はあっても表面上にされてないモノも考えられる)

ただ、もし対策を考えるのならば以下の通りになる。

扇風機は網状にすれば子供の指は入らないように作ることは可能も通風性は一気に落ちる。

ストーブの場合は転倒直前に自動消化(石油ストーブ)出来る仕組にする必要がある。

電気ポットは購入した人(両親)が置く場所を考えるべき。

…と書いてみたが、俺は安全性より利便性を重視したいね。

注意・危険事項は製品を製造してる以上にその製品を使うユーザーがその製品の危険性を理解して、周りの人、特に子供には伝える義務があると思う。

今回の事故はそれを怠った結果だと思う。

今後はこのような痛々しい事故は見たくないのでメーカーは対策、児童を持つ親も子供が事故に遭わないように注意力を高めて欲しいね。
[PR]
by yosimune0529 | 2006-08-24 00:57 | ニュース・スポーツ
髪の毛も偽装だったとは…
f0013938_0291466.jpg


先日逮捕された姉歯元建築士。

噂では聞いていたけどどうやら髪の毛も偽装してたみたいで…。

正直驚きましたねぇ。

…って、その翌日にはホリエモンも保釈されてその姿は逮捕前と比べると随分スリムになっていた。

どうやら毎日のように麦飯を食べていたらしく、これがダイエット(?)につながったらしい。

てなわけでこれが影響のしたのか麦飯を扱ってる会社には問い合わせが殺到してるようだ。

3ヶ月で8キロ痩せれるのならダイエットしてる女性にはたまらないでしょうね^^;
[PR]
by yosimune0529 | 2006-04-30 00:40 | ニュース・スポーツ
繰り返す事件、事故。
2週間ぶりの日記だけど、さてこの2週間の間はあまり耳にしたくない事件がありましたね。

まずは少年犯罪。

高1の少年が中2の少女を殺害。

しかも驚くことにこの少年は1つ上の女性との間に子供がいる。

その子供は今は施設で育てられ、養育費は少年の親が払ってる。

まぁ少女のコロコロ変わる心の変化も少し疑問だけどね。



その次は交通機関のトラブル。

まずは週末のゆりかもめの走行トラブル。

元々100万㌔が寿命と言われてたがこの列車に関してはトラブル時は90万㌔の走行だった。

負傷者が出なかったのが不幸中の幸いも土日は終日運転中止とお台場を観光する予定だった旅行客にとっては虚しい東京旅行だったかもしれない。

そして昨日は過去に前例のない走行中のトラブルで6時間運転中止→乗客が電車から降りて次の駅まで線路の上を歩く光景。

自分もよく使う湘南新宿ラインと埼京線。

今は通勤に使わない路線もプライベートではよく使う路線なのであまりいい気分はしなかったなぁ。

昨年起きた福知山線の脱線事故から1年。

皮肉にもこうして電車のトラブルが起こるとはタイミングが悪いのもあるがまだ安全に対する認識度が足りないんだと思う。

沢山課題はあると思うが信頼回復のためにこのことを真摯に受け止め安全に対してもっと力を入れて欲しい。
[PR]
by yosimune0529 | 2006-04-25 23:59 | ニュース・スポーツ
メジロマックイーン死亡
f0013938_23162729.jpg


競馬を始めて10年以上経つ俺だけど、競馬を始めたのは昭和のアイドルホース"オグリキャップ"がきっかけだったけど、その競馬を始めてから初めて好きになった馬がこの馬だった。


長距離レースでは圧倒的な強さを見せてくれた。


春の天皇賞では父子三代で制覇するなど偉業を達成。


中距離レースではメジロ記念とも呼ばれた宝塚記念で2着に、降着したけど5馬身差の1着だった秋の天皇賞。


5歳、6歳(旧馬齢)で春の天皇賞を制して、7歳で史上初の同一G1・3年連続制覇をかけたレースで前の年でミホノブルボンの無敗の三冠を阻止したライスシャワーに記録を阻止され、ファンは見たくなかった世代交代を見届けることに…。


ちなみにミホノブルボンも好きだった俺にとっては好きな馬の記録を2回も阻止されたライスシャワーをあの時は目の敵にしか思えませんでした。


次のレースでは相手に恵まれたこともあったせいか欲しかった中距離G1(宝塚記念)の勲章を手に入れ、秋初戦の京都大賞典を圧勝し、JCへ…と思ったら屈腱炎を発症し、引退。


その後のJCでは2着になったレガシーワールドが優勝。


もし無事だったら…と思うと残念だったかな。


今後は先に逝かれたメジロの馬主北野ミヤと天国で競馬を見守って欲しいね。


マックイーン、お疲れ様。
[PR]
by yosimune0529 | 2006-04-03 23:16 | ニュース・スポーツ
WBC、3度目の正直
f0013938_2159536.jpg

決勝に向けて韓国との戦い。

魔の8回の前の7回の表。

連打、連打で一挙5点!

8回にも追加点が入り、終わってみれば6-0の圧勝!!

2度負けてる相手だけに見てる方も気分良かったかな。

先日韓国に負けて怒りの感情を出してたイチローも今日は歓喜してた。

見てる自分も素直に喜べる光景だったね。

それにしてもWBCでのイチローを見てると、昔W杯を目指していた三浦カズを思い出すなぁ。

なんかかぶってしまうと思うのは俺だけかな?

さて、次はキューバ戦。

アジア王者の名に恥じない試合をして欲しいな。

頑張れ!ニッポン!!
[PR]
by yosimune0529 | 2006-03-19 22:12 | ニュース・スポーツ
WBC、悔しい敗戦
準決勝進出をかけ韓国戦との戦い。

仕事中で試合が見れなかったけどダイジェストで結果を知った。

1-2で敗戦。

先日の疑惑の判定で負けたアメリカ戦のことがあり、興味はかなり半減したけど、ニュースの映像で試合後にイチローが声を荒げる場面が映されていた。

あまり怒りの感情を出さない選手があそこまで出してる場面は初めて見た。

あのイチローがあそこまで感情をムキ出しにするということはそれだけ勝ちたかった試合だと思うし、彼自身が日の丸を背負って戦ってるんだ!という気持ちが凄く伝わった。

そして彼のコメントにあった「今までで最も屈辱的」という言葉が印象に残ってるように応援してるファンにとっても屈辱的だったと思う。

まぁまとめて言えば先日のアメリカ戦の判定も含めて屈辱と言った方が正しいと思うけどね。


自力での準決勝進出が消滅してしまったのでメキシコ頼みになってしまうけど、恐らく負けると予想。。。

まぁ負けて"たら・れば"はよくないが松井や城島が出ていたら・・・と考えてしまうねぇ。。。

二人のコメントを聞いてみたいものです。
[PR]
by yosimune0529 | 2006-03-17 01:20 | ニュース・スポーツ
WBC
今年から開催となったWBC。

1時予選を楽々と通過し、今日二次予選でアメリカと対戦。

3-3で迎えた8回の表の出来事。

誰もが犠牲フライで逆転と思ったでしょう。

ところが!!

ここでまさかのアメリカからの抗議。

これであっさり1点追加は消滅。

セーフがアウト判定。

試合後に行われた王監督の発言の「一番、近いところで見ていた審判のジャッジを(球審が)変えるなんて考えられない。野球がスタートしたアメリカで、こういうことがあってはいけない」のコメントが意味するように一人のスポーツファンとしてあの光景はガッカリした。

ただでさえ今回のWBCは松井や城島が参戦しないことで興味が減っていたが、今回のこの騒動でさらに減ったと言っていい。

てか、個人的にはボイコットをしていいと思うくらい怒りを感じている。

大体対戦国がアメリカなのに審判員が全員アメリカ人ってどういうことなんでしょうね?怒

そこまでして勝たせたいのかね?

抗議したアメリカチームの監督もスポーツマンとして情けないね。

素人から見てもキャッチと同時にランナーはスタートを切ってるのによくあそこまで抗議できたもんだ、怒。

まぁあの抗議で覆る点がいろんな意味で今のアメリカを現してるよね。
[PR]
by yosimune0529 | 2006-03-14 00:08 | ニュース・スポーツ
浅田真央、ジュニアで初の敗北
f0013938_1253932.jpg


先日スロベニアで行われた世界ジュニア選手権。

連覇を挑んで参戦した浅田真央だったけどSP、フリー共にジャンプのミスが響いて結果は2位。

今までジュニアでは負けなしだったがここで初の黒星を経験することに。

先日のトリノで荒川静香が金メダルを獲得したので波に乗れるかと思ったけど現実は甘くないですね。

ちなみに優勝したのは過去2回浅田真央に負けてる(2回共2位)韓国のキム・ユナ。

SP・フリー共にノーミスの演技。

その演技は十分過ぎるほどシニアでも通用する内容だった。

お互いをライバル視する二人にとってこれからが新たな戦いになるのかなぁと思いましたね。

この二人が再激突するのは来年のシニアの世界選手権か今年のグランプリシリーズ。

但し、前者が濃厚かな。

4年後のバンクーバーに向けて目が離せない選手ですね。

まぁ浅田真央も頑張って欲しいものですね。
[PR]
by yosimune0529 | 2006-03-12 13:02 | ニュース・スポーツ